日常
記事一覧
COMMENTS
TRACBACK
LINKS
    ブログ・Blogn Plus支援
  • └ nJOY BLOG
    お気に入りブログ
  • └ Sui-ren

時を超えて愛されるシューティング。
それまでのシューティングには見られなかった
生き生きとした描写と、その先のステージへの興味を誘う
音楽の織りなす、その世界観に夢中になるところから入り。

それまでなら、すぐ投げてしまっていたようなミスを
数えきれないほどしても、そのたびに
次のステージへの期待を胸に「まだまだ!」と
自分のプレイ方法を模索しつつ頑張れた。

その末、隠しコマンドという補助輪を自らはずし
初めて自力でエンディングに辿りつけたゲーム。
それが、私にとっての「グラディウス」です。

この先、新作があるかないかに関わらず
その先の世代を生きる、みんなの心にも残る、
いつまでも、愛されるシューティングゲームであり続けて欲しい。

その前にも、その後にも様々な作品を好きになっても
グラディウスシリーズへのそんな想いは、やはり変わりません。
この作品に出会わなかったら、今の私は恐らくなかったから。

かく言う私は、その約一年後のファミコン版で
初めて出会ったので、私にとっての
グラディウス30周年は、おそらく来年(笑)。

拍手ぱちぱち、どうもありがとうございます☆
| 深森 椎間 | comments (2) | trackback (0) | ゲーム::グラディウス |
ぴっかーふぉーみっそー。
今年でグラディウスが30周年を迎えるから
……というワケではないが
この頃、沙羅曼蛇が恋しい椎間です。

たぶん、ゲーセンで初めてプレイしたゲームで
バイパーの発進音や、パワーアップ時の音声は
当時すごく目立ってたと思う。
ノーマルショットの妙に凝った発射音や
レーザーのメタリックな発射音も、記憶に残りやすいぞ。

プレイする前に買った
「コナミック・ゲーム・フリークス」で
初めて沙羅曼蛇の曲を聞いた時は
メドレーと知らず、ひとつの曲だと思ってたなぁ。
同アルバムに収録されてた「恋のホットロック」もそうだが
曲のつなぎ方がうまかったんだなぁ。

その後、コナミさんが当時発刊してた雑誌「Nan?Da」で知り
カセットで買った「オリジナル・サウンド・オブ・沙羅曼蛇」は
プロローグのナレーションからSEコレクションまで
個人的にワントラック扱いです。
これとは別に、サントラの一曲ずつを
今度iPodに入れるのさ。

ところで、最終面終盤の「Danger! Danger! 」を
「Thank you! Thank you!」と
空耳ったのって、私ひとりじゃないね (笑)。
激しい発射音や撃破音、アラームなどに入り交じるこの音声を
なんか、ロックミュージシャンのライブで
エキサイティングな終盤の光景みたいだと
ぼんやり思ったとか、思わなかったとか。

拍手ぱちぱち、どうもありがとうございます☆
| 深森 椎間 | comments (0) | trackback (0) | ゲーム::グラディウス |
今年で30周年だから……って言うワケじゃないが。
グラディウスのアレンジCDのひとつ
「組曲 グラディウス・ファンタジア」の表題曲のなかで
グラIIの1面+ゲームオーバーの曲を
星の下で聴く子守唄のような
スローアレンジにしたのが秀逸だったが
グラ外伝の雪原ステージの曲も、聴く度に
「平和な雪の街に到着する汽車」をイメージしたような
スローアレンジにしてもイケそうだと思う。

ゲームの新作は言うに及ばずですが
「グラディウス・トリビュート」のような
イカすアレンジCD、また出ないかな。
あと、大編成ブラスアレンジとかさ。
もっと自由な発想のアレンジがあって良いと思うのよー。
| 深森 椎間 | comments (0) | trackback (0) | ゲーム::グラディウス |
20年以上のお久しぶり。
一度とことん好きになったものは
周期的に欲しくなってくるもの。

なので最近は、グラディウスシリーズが恋しくなり
アレンジ曲を全部引っ張りだしてるうちに
久々にプレイする気になってきました。

……が、ずーっととび森プレイで3DSを使っていたため
こういう時に限ってPSPはバッテリー切れ。
そこで3DSのバーチャルコンソールで
FC版グラディウスを入手してみた。

私にとっては初めて、出会ったグラディウス。
AC版に比べると短いレーザーも、宇宙空間を背景に
鋭く輝く感じが、今見てもイカしてる。
初めてクリアしたゲームも、これだったのよね。

しかし、いざプレイしてみると
完全移植のPSP版より、敵さんの一編隊あたりの数が少ない分
スピードが早く感じ
カプセルがまともに取れなかったりする(^^;)。

いいさ、新たにプレイ感覚を掴んでいくんだから。

明日は終日勤務。休日を楽しく過ごすためにもがんばる。
| 深森 椎間 | comments (2) | trackback (0) | ゲーム::グラディウス |
真夏のグラディウサー。
8月にはいって、やっと蝉の鳴き声が聞こえたことに
ホッとした椎間です。
やはり蝉しぐれがあってこその夏だ。
その蝉の声にまつわる話。

大昔の夏休み、家族で旅行に出かけたとき
父にカーステレオを使わせてもらい
当時買ったばかりの、AC版グラディウスの
サントラテープを車内でかけている間
大雨の中を走っているにも関わらず
ジーワジーワと、蝉の声が聞こえる事に
時期が時期だからか、家族の誰も気にしていませんでした。

しかしその夜、ゲーム進行を再現したB面を
ヘッドホンでよーく聴いてみると
パワーアップ音の直後、あのジーワジーワ音が。

……ひょっとして、私が今まで蝉の鳴き声だと思っていたのは
レーザー(もしくはダブル)の発射音だったのか!?

その当時、AC版に触れる機会がまったくなかったのと
テープを買った時期が真夏だったとはいえ
よりによって、レーザー音を蝉の声と
聞きまつがえていたことに気づいた私は
まさに顔から火の出る思いでした。

さらにうんと後になって、ようやく家庭用で
バイパーの細長ーいレーザーを見ることができ
「やっぱこの細いレーザー、見てて気持ちいいわ~☆」
と言う私の横で、弟が一言。
「揖保乃糸?」
……せ、蝉の次はそうめんかいっ。

ああぁ、こんな夏の日には、グラディウスが恋しくなるね。

| 深森 椎間 | comments (4) | trackback (0) | ゲーム::グラディウス |
このページの先頭へ
CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
<<前  2018年09月  次>>
PROFILE
深森 椎間

@shi_ma.mimori 東京都八王子市在住。
駅ナカ某惣菜店のへっぽこ店員で、二次創作よろずイラストサイト「SHI-MA'S CAFE」管理人。
現在は文アルのらくがきを多く描いてます。
「SHI-MA'S CAFE」は、下のバナーからどうぞ。



POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SEARCH

このページの先頭へ