日常
記事一覧
COMMENTS
TRACBACK
LINKS
    ブログ・Blogn Plus支援
  • └ nJOY BLOG
    お気に入りブログ
  • └ Sui-ren

21世紀の「金色夜叉」。
今日の読売朝刊を見ていたら
尾崎紅葉氏の代表作「金色夜叉」を
IT時代の現代を舞台にリメイクした
「黄金夜界」という小説が
9/30から連載される……という記事が。

なんでも今年は、読売新聞で
「金色夜叉」の連載開始から120年目という
節目の年だそうで
読売新聞の知名度向上のきっかけとなった
「金色夜叉」は、大変重要な作品だそうな。

その著者が、橋本治氏と聞いて
「桃尻語訳 枕草子」を読んでいた頃を
思い出した椎間です。

「枕草子」の現代語訳に一番合うのが
「現代の女の子たちの話し言葉」
である、というコンセプトから
「春はあけぼの」→「春ってあけぼのよ!」
といった解釈が面白くて
あれは結構夢中で読んでたわぁ。

あの熱海での名シーンは勿論ですが
連載中、尾崎氏死去のために未完となり
遺された構想ノートをもとに
後に尾崎一門のひとり・小栗風葉氏が
完結編を書き上げたという「金色夜叉」、
橋本氏は現代において、どのような結末に導くのか。
その点も気になるところです。



そんなわけで、今回のらくがきは紅葉さん。
スマートフォンに象徴される、21世紀の文士が
前世で自らが手掛けた長編にどう挑むのか
文アルの世界のこの人も
気になってるんじゃないかな。

拍手ぱちぱち、どうもありがとうございます☆
| 深森 椎間 | comments (0) | trackback (0) | テレビ・CM::ニュース |
人間よ、もう止せ、こんな事は。
私自身、芸能人、一般人に関わらず
家族に対し、モラハラまがいの言動を取る様を
過度にネタにする番組は大っ嫌いで
母にもチャンネルを変えてもらうくらいですが
家族の蒐集物をゴミ扱いして、一方的に処分するとか
それをTV番組のネタにして放送するの
もういい加減やめようよ。
一体誰が得するの。
争いの種になるだけぢゃないか。

蒐集物のメーカーさんは
異議申し立てしても良いくらいだよ。

本日のタイトルは、高村光太郎の詩
「ぼろぼろな駝鳥」の最後の一節から。
ちなみに、武術の心得ある高村氏は
留学時代、自身の制作中の作品に
いたずらした同級生を
懲らしめた事があるそうな。
| 深森 椎間 | comments (0) | trackback (0) | テレビ・CM |
次回予告までが本編です!
私が見ていた「グレーテルのかまど」で
ヘンゼルこと瀬戸康史が、クロージングあいさつの後
今回のスイーツ「クグロフ」をいただく所で
チャンネルを変えようとした母よ、
アナタはわかってない!

次回予告までが「グレーテルのかまど」である事を。
たとえ次週放送の内容が、再放送であったとしても。
私にとっては、映画のエンドロールと同じだぞ。

ちなみに次回予告そのものが、ひとつの作品だと
本気で思ったのは、TVアニメ版「銀河鉄道999」です。

拍手ぱちぱち、どうもありがとうございます☆
| 深森 椎間 | comments (0) | trackback (0) | テレビ・CM |
うんたらかんたら。
今日のニュースによると、安倍総理が「云々」を
「でんでん」と読み間違えたそうですが
(正しくは「うんぬん」)
小説などで「言う」を「云う」と表記する事もあり
私自身「いんいん」と読むのかと
こっそり誤解してたり
一見「去」によく似ているので
「さるさる」かとも思ってた時期があったので
安倍総理の事は、あんまりバカにできマセン (^^;) 。

……でも、どうして政治家の皆さんって
意味がすぐに把握できないような
小難しい言葉をやたら使うんだろうね。
「遺憾」とか「忸怩たる思い」とか「アジェンダ」とか。

せめて、国会中継や記者会見の時だけでも
そういう難解語を一切使わず
分かりやすい言葉で語ってみたら
我々一般市民も、政治家を見る目が
ちょっとは変わる気がするけど、どうでせうねぇー。

拍手ぱちぱち、どうもありがとうございます☆
| 深森 椎間 | comments (0) | trackback (0) | テレビ・CM::ニュース |
キャベツ畑でフォークソングを。
……って、違ったよー。

「つま恋営業終了」のニュースを聞いた
数日後の昨夜、NHKの夜ニュースで
つま恋の話題を見るなり
「えっ! つま恋って静岡県だったの!?」
と、今頃気づいたかと言われそうな
リアクションを取ってしまった椎間です。

そうです。吉田拓郎氏などのライブの話題で
よく名前が挙がる
その「つま恋」と言う場所を
私は長いこと、キャベツの名産地である
群馬県の「嬬恋」だと誤解していたのです。

毎年9月に、シャイな旦那様方が
それぞれの奥様へ、愛と感謝の気持ちを
キャベツ畑で叫ぶあの村とね。
読み方が同じとは言え、こっぱずかしー!!

でも、いわゆるフェスとまでおよばなくとも
嬬恋村の大自然や、キャベツ畑に囲まれた
フォークソングの小さなコンサートって
想像するとイカす気がしてならない。

拍手ぱちぱち、どうもありがとうございます☆
| 深森 椎間 | comments (0) | trackback (0) | テレビ・CM::ニュース |
このページの先頭へ
CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
<<前  2018年07月  次>>
PROFILE
深森 椎間

@shi_ma.mimori 東京都八王子市在住。
駅ナカ某惣菜店のへっぽこ店員で、二次創作よろずイラストサイト「SHI-MA'S CAFE」管理人。
現在は文アルのらくがきを多く描いてます。
「SHI-MA'S CAFE」は、下のバナーからどうぞ。



POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SEARCH

このページの先頭へ