TweetsWind
日常
記事一覧
COMMENTS
TRACBACK
LINKS
    ブログ・Blogn Plus支援
  • └ nJOY BLOG
    お気に入りブログ
  • └ Sui-ren

ワインと血液。
タイトル通り、血の話でキョーシュクですが。

検査のため、かかりつけの病院に行ったところ
採血を受けた椎間です。

相変わらず、自分の腕に刺さる
針の感触には馴染めないけど
ふと採血管に目をやってみた。

……ハテ、自分の血って
こんな赤ワインみたいな色だったっけな。
私はもっと、鮮やかな真っ赤っかだと
思うてたんだけどなぁ。

梶井基次郎氏が、 三好達治氏に
「葡萄酒だ」と言って見せたグラスには
自らの喀血が満たされていたとか。

キリスト教においては、聖別されたパンは
イエス・キリストの肉体、
葡萄酒は血とされるとか。

2年前に亡くなった川島なお美さんが
これらの逸話をご存知だったら
「私の血はワインで出来ている」という名言を
妄言と簡単に笑えるだろうか。

検査結果を待つ間、そんな考えを巡らせていた
今の私は、お酒を美味しく頂ける人が
実に羨ましうございます。

ちなみに検査結果は、とことん異常なしだったよ。

拍手ぱちぱち、どうもありがとうございます☆
| 深森 椎間 | comments (0) | trackback (0) | 日記 |
文学館弾丸巡り。
11月に入った途端、オンオフ両面で
ジタバタ度が高まった椎間です。
もう10日間、ブログに手が付けられてない。

休日の今日、やっと落ち着いたので
田端文士村記念館と、日本近代文学館の
弾丸巡りを敢行しました。

以前、日本近代文学館に行った時
併設のカフェ「BUNDAN」で注文した
「梶井基次郎の檸檬パフェ」がイケてて
もう一度食べたくなった。



トッピングの檸檬ピールにバニラアイス、
中間のグラノーラ、底に敷かれたレモンジュレの
混ざりあった食感がたまらん。一度はお試しあれ。

続きを読む ≫
しかし、BUNDANだけで終わらせるはずが
書き込みがすごいと評判の
太宰治氏の学生時代のノートにつられて
11/25まで開催中の企画展
「漱石・芥川・太宰から現代作家まで―近代文学、再発見!」
まで見に行ってしまった。
……例の「芥川龍之介」の連発、ありましたとも!

で、その芥川氏といえば。

後に奥様となる文さんに送った
恥ずかしながらも微笑ましい、恋文の数々に
撃沈 (!) された現代人は、数知れない事と思うが
その現存する恋文を中心に、2/4まで開催中の企画展
「芥川龍之介の結婚と生活~ワタクシハアナタヲ愛シテ居リマス」。


ほんのちょっとだけ見ていくはずが
恋文の内容紹介や、文さんが作るお好み焼きや
お弁当にまつわる、ご子息の追想、
香日ゆら先生の描き下ろし4コマetc.と
展示の数々にあふれる愛は
「ついで回り」じゃ、到底受け止められないね。

すでに愛ある書き込みや似顔絵が
数件見られるゲストブックも
年明けの展示期間内に改めて回るのが
軽く楽しみかもね。

芥川氏の恋文は、現存する以外にも数通あるけど
一番すさまじいのは

「この頃ボクは文ちやんがお菓子なら
頭から食べてしまいたい位可愛い気がします。」

……の一節だろーなぁ。
≪ 続きを隠す
| 深森 椎間 | comments (0) | trackback (0) | プチお出かけスケッチ |
出会いは君からはじまった。
私が文アルの存在を初めて知ったのが
去年リリース翌日の早朝だったことを
当時のブログ記事を見返して思い出す椎間です。

ゲーム情報サイトを辿って
キャラとして最初に顔を見たのが
朔太郎さんだったけど
思えば学生時代、日本近代文学に
どっぷりハマったきっかけもまた
「月に吠える」との衝撃的な出会いでした。

そして、文アルリリースと
朔太郎さんの誕生日が同じ日であることに
運命めいたものを感じるのは
私ひとりではないでしょう。



この先も、いつまでもよろしくね、朔太郎さん。

拍手ぱちぱち、どうもありがとうございます☆
| 深森 椎間 | comments (0) | trackback (0) | ゲーム::文豪とアルケミスト |
おねだりかっぱ。
文アルリリース1周年を前に
2冊の関連本と、池袋駅に展示中の広告の情報相手に
悶々としまくってる椎間です。

……あのゲーム、どこまでも罪作りな
ジレンマメーカーだよっ。



くやしーので、メンテに乗じて
大急ぎで描いた、ハロウィン仕様の
ちび龍之介さんアップしちゃる。
カッパワニのパペット片手に
お菓子をおねだりだー。
私はこれからお仕事だー。

拍手ぱちぱち、どうもありがとうございます☆
| 深森 椎間 | comments (0) | trackback (0) | ゲーム::文豪とアルケミスト |
ハンドクリーム必須な季節。
半袖がまだしまえないほど
暖かい日が来たと思えば、翌日はうんと冷え込み
時には台風接近で雨続き……と
冬に向かう秋空の、なんと落ち着かないことか。

こうして、今季も手の乾燥が気になり
仕事上がりと、寝る前の
ハンドクリームが欠かせなくなる椎間です。



いつも身だしなみに気を使ってるという
治さんも、きっとハンドケアは欠かさないでしょう。
机に置かれた「ももの花」は
中也さんから半ば強引に渡された (笑)。

でもこの先、太宰治パッケージの
「ももの花」とか出たら
(文アルや文ストのコラボじゃなくとも!)
わたしゃ大笑いしてやるからね。

拍手ぱちぱち、どうもありがとうございます☆
| 深森 椎間 | comments (0) | trackback (0) | 絵描き |
このページの先頭へ
CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
<<前  2017年11月  次>>
PROFILE
深森 椎間

@shi_ma.mimori 東京都八王子市在住。
駅ナカ某惣菜店のへっぽこ店員で、二次創作よろずイラストサイト「SHI-MA'S CAFE」管理人。
現在は文アルのらくがきを多く描いてます。
「SHI-MA'S CAFE」は、下のバナーからどうぞ。



SHI-MA'S CAFE更新情報
グリムス
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
SKIN BY
ブログンサポート
SEARCH

このページの先頭へ